動画再生数を伸ばす3つの方法

YouTubeや映像サービスの多様化により、映像がとても身近になりました。ユーチューバーを目指す若者も増え、動画編集をする機会も自ずと増えています。

動画コンテンツは企画はもちろん編集も非常重要な要素を担っています。動画編集は様々なテクニックの積み重ねによって、動画の魅力を大きく引き出します。

そこで今回は動画編集に着目し、少し手を加えるだけでクオリティーを一段階上げる小技や役立つ動画編集のコツをまとめました。

映像クリエイター
映像クリエイター

動画再生数が伸びないと悩んでいるユーチューバーに参考にしていただけたら幸いです。

テロップはフォント次第

パソコンに標準装備されているフォントでは安っぽい印象しか与えられません。明朝体かゴシック体か。多少頑張っても白枠をつける程度です。

標準装備のフォントでもテロップとしては機能しているので問題ありませんが、文字周りは動画の印象を大きく左右します。

ある程度起動に乗ってファンがつけば細かいことは関係なく再生数は伸びますが、ファンがついてない時は見た目が肝心です。せっかく面白く編集した動画でもフォントデザインが悪いと動画の魅力も半減してしまいます。

テロップの書体や色使い、大きさ、影や縁取りなどの細かいデザインをすることで、動画の魅力が増します。無料て使える魅力的フォントもたくさんあります。

サムネイルを見れば一目瞭然

1枚絵だけで魅力的な動画に見せるために、画面いっぱいにカラフルな文字でレイアウトしてる画像を見たことがあると思います。そのようなサムネイルに凝っているYoutube動画は映像内のフォントのデザインも魅力的です。

映像クリエイター
映像クリエイター

自分がクリックしたくなるサムネイルはどんなデザインなのか?その辺りを参考にしながら文字周りのデザインを研究していきましょう!

見せたい部分を短く端的に編集する

長い動画はどんな人でも飽きてしまいます。

ダラダラした無駄なシーンは極力カットして、伝えたい部分のみ短く編集することで動画を魅力的に見せることができます。

言葉のちょっとした間をカットするだけでも、映像にテンポが生まれて見ている人を飽きさせない編集となります。

映像クリエイター
映像クリエイター

冒頭数秒の離脱率は非常に多いので、いかに冒頭に力を入れるかが重要です。

時系列に沿った編集ではなく、あえて動画の一番見せたい部分(結末)を冒頭で見せてしまってから、ストーリーを始めることで視聴者を引き止めるという手法もあります。動画配信サービスでは有効な方法になります。

間延びしない・飽きさせない編集で離脱者を防ぎましょう。

オープニングタイトルがめっちゃ重要!

映像作品を作る場合に重要な要素タイトル。動画を再生した時に一番最初に目に入るのがオープニングタイトルです。

オープニングタイトルに手を抜いた動画は、その後に続く本編の内容も評価が下がり安いと言われています。

CMやプロモーション映像でもオープニングタイトルは非常に大事で、目を引きつける演出としてアイキャッチと呼ばれています。

映像クリエイター
映像クリエイター

オープニングの数秒間は手を抜くことができない重要な編集ポイントです。

編集スタジオって何?

時間レンタル
1日パック
10時間チケット
¥3,000/1時間
¥16,800/8時間
¥19,800/10時間
簡単な編集をされる方におすすめです。好きな時間を選んで1時間単位でご利用いただけます。「仕事帰りに利用したい」「DVD焼きたいだけ」そんな方におすすめです。10:00〜23:00で好きな時間(8時間)を利用できるプランです。大抵の編集であれば8時間あれば仕込みからDVD書き出しまで完成することができます!使い方は自由!(2時間×5日、5時間×2日間、10時間×1日)合計10時間使えるチケットです。まとまった時間が取れない方におすすめです。有効期限は最初のご利用日より3ヶ月です。

空室状況を確認する料金詳細・アクセスブログ一覧へ